金についての詳しい説明と貴金属買取の基本的な注意事項

金についての詳しい説明と貴金属買取の基本的な注意事項

電卓を持つ人

金の表記の違い

アクセサリーの金の表示は主に18Kや24Kという表記が多いと思います。この表記は金とその他の金属の配合の割合を表しており、純金や18金も同じ意味合いで使われています。違いが分かれば買取のときの価格の変化が理解できます。大阪や岡山市東区にお住まいの方で、買取店の利用を検討している方にはおすすめです。

時計

アクセサリーに使われる金の種類

さまざまな用途で利用されている金ですが、主にアクセサリーに多く使われています。アクセサリーに多く使われている金は純金のほかに、18金などがあります。

電卓とお金

金の配合率

金は24分率で配合率が分類されています。その中で純金(24金または24K)といわれるものが一番純度が高いです。変色や腐食はしにくいですが、柔らかすぎるため、細かい加工には向いていません。22金や18金など純度が低くなるほど耐久性があがり、アクセサリー等に加工しやすくなります。

貴金属買取の際の注意事項

  • 破損してても金・プラチナ・正規品であれば買取可能
  • 鑑定書・鑑別書、箱やギャランティカードがあれば査定額アップ
  • 買取の際は身分証明書を呈示

広告募集中