仕事をしている女性

収益を上げる為に

住宅ローンを組む

高利回りも夢ではありません

収益物件を購入して高利回りを獲得している人もしばしば見かけます。一般的な不動産投資の利回りは5%から7%程度ですが、工夫を凝らすことで、利回りを10%にも20%にもすることができます。そして、このような利回りを目指す人が増えてきているのです。ポイントは古い物件を購入することです。築年数がかなり経っており、空室が目立つような物件こそ、大きく稼ぐことができるチャンスがあるのです。近年、高齢化が進んできており、収益物件を空室のまま放置しているオーナーも増えてきています。これまでは、黙っていても不動産会社が入居者を見つけてくれていましたが、人口が減少していく一方で収益物件は増えている現在では、自分が動かなければ収益は上げられなくなってきています。

工夫が収益につながります

築年数の古い収益物件を購入するだけで高利回りが稼げるわけではありません。古い収益物件をリニューアルしていくことが大事です。この際、どこにお金をかけて、どこにお金をかけないのかをはっきりとさせましょう。外装も内装もリニューアルをするとかなりのお金がかかります。外装は補修程度にしておいて、内装を充実させるというのも1つの戦略です。ボロボロの外装だけれども、内装が素晴らしいということがギャップになって人気化することもあり得ます。また、不動産会社へ支払う手数料を厚くして、入居希望者を集める努力をしてもらうことも大事です。見学者がいなければ、空室は埋まりませんから、見学者をどのように増やしていくのかということも考えておきましょう。